本文へジャンプ

タイトル : 『ようこそ船族のおもてなしへ』 6月28日~30日のクルーズレポート

◆6月28日~30日 太平洋上から横浜港入港まで◆

にっぽん丸はいよいよ北海道・根室沖へとやってきました。太平洋一周クルーズも残すところあと数日となりました。 携帯電話の電波も入るようになり、デッキではご家族・ご友人に元気な声で電話を連絡する方々も多数お見受けします。

午後にはデッキにてお客様と乗組員、スタッフの集合写真撮影が行われました。船の航跡と共に、思い思いのポーズでパチリ。

そして、今夜のメインショーはにっぽん丸ロングクルーズではおなじみの『グランドフィナーレ』です。

現在にっぽん丸に乗船している全エンターテイナーによる、ジャンルを超えたスーパーセッションが実現。ペルーサ・タクナウカルテットのコージが、にっぽん丸への想いを綴った『航海』を、フォードルフィンズとリン&ジョンと一緒に歌えば、テノール歌手の五郎部俊朗さんとデュアリスが外国曲を。さらには、ペルーサ・タクナウカルテットとデュアリスがラ・バンバの曲に合わせ踊ります。エンターテイナーが一体となりステージを盛り上げてくれました。

その後、映像をご覧頂きながら、今航海を振り返った後は、続いて講師、スタッフの紹介の後、いよいよクライマックスへ。村上キャプテンから全部署の乗組員がステージ上にあがり、紹介されます。

乗組員・スタッフ・エンターテイナー総勢約230人。もちろん船が動いていますので全員と言うわけにはいきませんが、ほとんどの乗組員が4階ホールに集結し、お客様の席を囲んだ光景は圧巻でした。

最後に出口の廊下に花道を作り、お客様をお見送りしました。花道を通るお客様の中には目頭を熱くされている方も。

感動のうちににグランドフィナーレは終了しました。

グランドフィナーレ終了後は、キャプテン、機関長、ゼネラルマネージャーとスタッフによる記念撮影。

さて、いよいよにっぽん丸は横浜へと帰ってきました。

久々に再会する懐かしい顔。多くの方々が出迎えてくれ、大さん橋では帰港式も行われました。向こうに見える赤い煙突は、姉妹船のふじ丸です。

通関後、思い出とお土産がたくさん詰まったカバンと共に下船されていきました。

いよいよ明日はクルーズの終着点 神戸です。

------
このページの先頭へ戻る