HEADLINE News
JavaScriptを有効にしてください。

よくあるご質問

初めてでも安心してご利用いただけるよう、お客様から寄せられるよくある質問をまとめました。

船内での服装について。

堅苦しく考えずに、クルーズをお楽しみください。

服装基準(ドレスコード)は、夕食以降お守りいただくものです。日中は通常の旅行と同じ、自由な格好で。ドレスコードは乗船前にご自宅にお届けする「クルーズのしおり」、または 乗船後に客室にお届けする船内新聞にてご案内いたします。

「ドレスコード」って何?

ドレスコードはもともと欧米の服装についての約束事です。

クルーズでは、むしろみんなでおしゃれを楽しむ、お遊びの一種とお考えいただければよいのではないでしょうか。

「フォーマル」に窮屈さを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、普段の生活ではこうしたおしゃれをする機会が少ないのも事実。社交上の決め事もクルーズライフの愉しみの一つです。

なぜ「ドレスコード」を決めるの?

陸上の生活でも、「今日は結婚記念日だから」と、お洒落して出掛けたレストランで横にTシャツ姿の人がいたら、あまり気分は良くないですよね。

そして、たくさんのお客様の中には、きちんとした服装をしたい方も、ラフな服装をしたい方も、いろんな方がいらっしゃいます。

だから、大勢の方がご一緒するクルーズでは、「今日はみんなでお洒落をして楽しもう」とか「今日は気楽な格好で行きましょう」とかを、前もってみんなで決めたほうが逆に気を使わないですむ、というのがドレスコードを決める趣旨です。

他人から強制されているということでなく、ご自身がその日のお約束の中で工夫して、お洒落を楽しんでいただきたいと思います。

各ドレスコードに対応する服装は?

次の例を参考にしてください。
ただ、ドレスコードの本来の趣旨から、「こうでなければならない」と言う性格のものではなく、あくまでも「一例」です。

ドレスコード カジュアル

高級リゾート地を訪れたときの服装のように、決して「ラフになり過ぎない」ことがポイント。カラフルな色使いなど、コーディネートをお楽しみください。

男性
襟のあるシャツ、長ズボンをご着用ください。
女性
リゾート地で過ごすようなお洒落な服装。

ドレスコード スマートカジュアル

休日に、友人や知人のお宅へ招かれたときのように、ジャケットを羽織ってスマートに。「気取り過ぎず、普段着にならない」、シックな着こなしで大人の夜を楽しみましょう。

男性
襟のあるシャツに長ズボン、ジャケットやブレザーをご着用ください(ネクタイは不要です)。
女性
スーツ、ワンピース、パンツスーツ、フラットシューズなど。上下揃いのスーツにこだわる必要はありませんが、インナーまたはジャケットに襟のあるものをひとつ選ぶことがポイントです。

ドレスコード セミフォーマル

目安は、お洒落なレストランやクラシックコンサートへ出かけるようなスタイル。男性はいつものネクタイに、カラーシャツを合わせてみても。女性は、襟元の華やかなブラウスを選んだり、小物をアレンジして華やかさのある装いを。

男性
ベーシックなスーツ、ブレザー、サマースーツ、ネクタイ、チーフ、アスコットタイ、ループタイ、革靴(上着、タイはご着用ください)。
女性
スーツ、ワンピース、パンツスーツ、またはブラウスにスカートの組み合わせにパンプス。

ドレスコード フォーマル

男性は、華やかなネクタイやチーフなどでアレンジを楽しんでは。正統派のタキシードもおすすめです。女性は、イブニングドレスなど、いつもとは違うエレガントな装いを。

男性
タキシード、ドレッシーなスーツに蝶ネクタイ、ダークスーツにネクタイ(上着、タイはご着用ください)。
女性
イブニングドレス/カクテルドレス/ドレッシーなワンピースやスーツにアクセサリーで華やかさを添えたスタイル。

和服について

ドレスコード適用時間中に、和の装いもお楽しみいただけます。また、「ゆかた」を着用いただけるクルーズもございます。「クルーズのしおり」でご確認ください。

※クルーズによってはテーマナイトを設定しています。その際にはお持ちになった民族衣装・ゆかたなどもお楽しみいただけます。

※海外ロングクルーズなどでは着付け専任スタッフが乗船します。対象のクルーズはお問い合わせください。有料

和服ドレスコード目安 男性 女性
フォーマル 五つ紋付、黒の羽二重地、仙台平の袴、白足袋
※羽織、袴は必ず着用
色留袖、訪問着、重ね襟
セミフォーマル アンサンブル(長着、羽織)、足袋
※羽織は必ず着用
訪問着、付け下げ、重ね襟
スマートカジュアル/カジュアル 長着(色無地など)、角帯または兵児帯 色無地、小紋、紬

和服をお召しの場合は履物に制限はございませんが、足元が滑りやすく危険なため、草履・雪駄(底に錨や金底に錨や金具のないもの)をおすすめします。下駄をご使用の場合は、底がゴム張りのものをお持ちください。

お子様のドレスコード

小学生以下のお子様も大人と同様にドレスコードのご案内に準じておしゃれを楽しみましょう。

※クルーズによってはテーマナイトを設定しています。その際にはお持ちになった民族衣装・ゆかたなどもお楽しみいただけます。

スパ&サロンの利用法は?

スパ&サロンは「スパ・ド・テラケ」、「山野愛子美容室」、「ネイルコーナー」、「ボデケア」がございます。

ご乗船前の事前予約も承っております。

海外ロングクルーズでは着付けのできるスタッフが乗船することもございますので事前にお問い合わせください。どちらの施設も、男性のお客様も大歓迎です。